こんなに沢山あります!太陽光発電ファンドに出資するメリット

堅実に高い利回りを狙えます

個人で電気を売る場合、売電できるのは余剰部分だけに限られ、しかも期間は10年までと定められています。一方、太陽光発電ファンドは政策である全量買取り制度の庇護下にあるため、発電した全ての電気を最長20年に渡って売ることが出来るので、堅実に利益を生み出すことができます。その利回りも大変高く、平均して約8%と高水準です。マイナス金利時代における銀行預金の金利がほぼゼロに等しいことを考えると、圧倒的な投資効率の高さと言えるでしょう。

面倒なメンテナンスとは無縁です

個人で太陽光発電装置を設置した場合、故障リスクを下げるためのメンテナンスは自分で行わなければなりません。太陽光発電装置における各パーツの劣化速度はかなり早いですが、個人がそのメンテナンスをしっかり行うことは大変なのが実状です。太陽光発電ファンドは、そのような面倒な作業を出資者に行わせるようなことは当然ありません。メンテナンスは、プロのスタッフがしっかりと行ってくれます。また、ファンドへの出資を募っているほとんどの業者は、何時でも自宅のPCから設備の稼働状態をチェック出来るシステムを提供しているので、神経質な人でも安心出来るでしょう。

社会に貢献しているという実感を得られます

日々の生活に忙しい私達は、社会に貢献したくともなかなか出来ないというジレンマに悩まされているものですが、太陽光発電ファンドに出資することで貢献しているという実感を得られます。太陽光発電は誰もが知っている通り、非常にクリーンな再生可能システムです。出資を通してそのシステムの普及に貢献しているという手応えは、他のファンドではなかなか得ることが出来ないでしょう。また、ファンドによって建設される大規模な太陽光発電施設は、その地域の活性化にも繋がるので、経済面でも貢献することが可能です。

太陽光発電は太陽電池と呼ばれる装置を使用して太陽の光エネルギーを直接電気に変換する発電方式となっています。